2009年04月04日

ExFabulicious が動かないと人達に。

マイクロソフトから
「Visual Basic 6.0 Service Pack 6:ランタイム再頒布可能パッケージ (vbrun60sp6.exe)」
というのがダウンロードできるが、これをインストールしても ExpFabulicious は動かない。

ということで、Vector で
「Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムファイル」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se342080.html
「Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムライブラリ」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se188840.html
のどちらかをインストールすると幸せになれるかもしれない。

今まで起動時に変なメッセージが出ていた人は一度試してみてくれ。



それから経験値%ずれ修正版暫定アップする。

こちらのバージョンでは、デバッグログファイルをより詳細に記載するようにしたので、今まで動いていない人は是非こちらを試して、その結果をコメントに貼り付けてみて欲しい。
他にもいくつかバグも修正している。



βバージョン
ExpFabulicious for MapleStory Ver.2.16β

ExpFabuliciousMVer216b.zip

2009/04/04


最新バージョン

ExpFabulicious for MapleStory Ver.2.15

ExpFabuliciousMVer215.zip

2008/11/17


ExpFabulicious for LaTale Ver.2.15

ExpFabuliciousLVer215.zip

2008/11/17



旧バージョン

ExpFabulicious for MapleStory Ver.2.12

ExpFabuliciousMVer212.zip

2007/12/22


ExpFabulicious for LaTale Ver.2.12

ExpFabuliciousLVer212.zip

2007/12/22



ExpFabulicious for MapleStory Ver.1.13

ExpFabuliciousVer113.zip

2007/8/1




ちなみに、Windows Vista の次バージョンである、 Windows 7 でもVB6で作ったプログラムが(つまり ExpFabulicious も)動作することがマイクロソフトから発表されたようだ。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/vbasic/cc707268.aspx
ま、Vista と 7 の関係は、98 と 98SE ぐらいの関係らしいからな。


それはそうと、ExpFabulicious の最新バージョンは 2.15 であるが、2.20 の開発を開始している。
その過程でMaple版の高レベルでのExpの%値ズレの原因が分かったのだが。
主要ポイントは、画像認識エンジンの高速化と軽量化、デバッグログでのパソコンのCPUやメモリ情報の取得精度の向上だ。

2.16βも内容も含めて、Maple版もLaTale版も鋭意開発中だ。
ゴールデンウイーク前には届けたいところではあるが、デバッグ要員A(紅い人)が隠居しているので、β版かもしれない。


posted by 蒼閃光 at 19:20| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。