2007年12月22日

時給測定ツール ExpFabulicious Ver.2.12公開

さて、いくつかの方面からグラフ表示が求められていたのだが、
ついに完成。

ちょっとモニタリングに時間がかかってしまったが・・・そのぶん良い出来である。

数字上では気が付きにくかったばらつきが一目瞭然。

まぁ、たとえばこんな風に。

画面例.PNG

直線が瞬時値で、点線が平均値だ。

狩り始めと狩り終わりの表示が遅れるが、平均値とはそのようなものだ。

画面に表示できるデータの数や、平均するための回数などは設定を変えれるので、自分好みに変えればいい。
横軸は時間というより測定間隔×回数なので、測定間隔を見直ししてみるのもよいだろう。

グラフの表示は縦軸を拡大縮小したり、横軸を移動したりできるようになっている。
マウスを近づけるとガイドが出るので、そこでクリックすればよい。
あくまでも一時変更なので、次の測定時には自動的にリセットされるぞ。

機能が増えたことで、設定ファイルが新しく作り直されるので、設定ファイルを編集するか、設定画面でもう一度設定しなおすかして欲しい。
グラフ表示イラネという人は、グラフ表示をOFFにすればいい。

これにあわせて使用方法ファイルを改定しておいた。

グラフ機能はVer1正式公開以前から要望が出ていたが、やっと実現した。
また、これで真の時給が表示だけはしてくれるわけだ。
たとえば測定周期が6分なら、10回平均すると真の60分給になる。



新バージョン

ExpFabulicious for MapleStory Ver.2.12

ExpFabuliciousMVer212.zip

2007/12/22


ExpFabulicious for LaTale Ver.2.12

ExpFabuliciousLVer212.zip

2007/12/22



旧バージョン

ExpFabulicious for MapleStory Ver.2.01

ExpFabuliciousVer201.zip

2007/10/4


ExpFabulicious for LaTale Ver.2.01

ExpFabuliciousLVer201.zip

2007/10/4


ExpFabulicious for MapleStory Ver.1.13

ExpFabuliciousVer113.zip

2007/8/1




Lvアップ撮影ツール

DEAD or HAPPY LIVE (for MapleStory) Ver.0.02β

DeadOrHappyLiveVer002.zip

2007/7/14








ところで「時給測定」でググルと、期間課金制MMORPGの時給測定ツールが公式ツールとして認定されているそうだ。
ま、そのツールはパケットを直接読み込んでいて、友のログオン表示やメッセージ機能がついていたりと、どう考えても製作サイドの情報が流れてそうな雰囲気だが。
なんにしろそのゲームの運営側は公式にツールの併用プレイを認めているわけだ。

かたやネクソンは規約で補助ツールの併用を禁止しているくせに、画面撮影ツールで撮影した画像の使用を公式に認めた実績がある。
ExpFabuliciousはその実績を踏襲して、画面撮影したファイルからEXPやメルを読み込むという基本路線をとっている。
だからといって規約違反でなくなるわけではないけどな。
ゲームポッドのほうにはそういう実績は耳にしていないが。

時給なんかどうでもいいじゃないか、もっとまったり狩りたいのに効率を持ち出すな!そういう意見もあろうと思う。
しかし、効率厨の人々は、このツールがなくても効率厨であることに変わりはないであろう?
むしろ、効率がいいといわれている人気マップから離れて自分が気持ちよく狩れるマップ、または不人気だが以外においしいマップを探検するのにも役に立てると思う。
もしくは、強迫観念に駆られてピリピリPTで狩っても、友とのんびりPTで狩ったのと大して変わらないのではないか、そういう現実も発見できるかもしれない。
あるいは、ゲームにはまり過ぎていた目を覚ますのにもちょうどいいかもしれない。

ExpFabuliciousは時給を測りはするものの、それだけだ。
時給を見て、どう思い、そしてどうするかはまったくの自由だ。
posted by 蒼閃光 at 00:56| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。